img_02

引越し先でのガスの種類について

アパートなどの賃貸に住んでいる場合、ガスコンロなどを新居に持って行き、そこでも利用をする事があります。
ガス器具の取り外しや取り付けは基本的に個人でも可能ですが、ガス器具の取り外し作業などが出来ない人はガス会社の人が代わりに行ってくれます。


所で、ガスというものには大きく分けると都市ガスとプロパンガスという2つの種類があります。



また、それぞれのガスには種類が細分化されており、その細分化された種類に有ったガス器具でなければ利用をする事が出来ないようになっています。

1人1人に合った引越しに関するご質問を解決いたします。

ガスコンロがまだ新しく、綺麗なので引越し先でも使いたいという人は多いものなのですが、引越し先のと現在の家で使われているガスが同じ種類であればそのまま利用する事は可能になります。しかし、現在がプロパンガスで、引越し先が都市ガスともなると、形式以前の話で利用することは出来ません。


因みに、都市ガスには13Aや12Aと言った種類があります。ガス会社によりガスの種類が変わりますし、プロパンガスの場合であれば地域によりガスの種類が変わるものです。
引越し先のガスの種類が何になるのかにより、現在のガス器具を利用出来るかどうかも代わりますので注意が必要です。



また、異なる種類のガス器具を使えば大事故にも繋がりますのでこれは慎重に行う必要があります。


最も、引越し先でガスを利用する時は、最初にガス会社の人が立会いでガスの使用開始を行いますので、もし不安であればガス会社の人に見てもらう事で安心してガスを利用する事が出来るようになるのです。ガスの種類について説明をしておきますと、ガスの種類は13A、12A、6A、5Cなどの品番により分類されています。

数字の後についているアルファベットは、Aは遅い、Bは中間、そしてCは早いという意味を持つもので、これは燃焼速度の事を意味しているのです。
ガス器具はこの燃焼速度に対応出来るように作られていますので、引越し先のガスの種類が変わればガス器具は使えないのです。



こだわりの御堂筋のマンションに対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

なんばで賃貸について分かりやすくまとめてあります。

岡山周辺の不動産のお得情報を用意いたしました。